今回は、回旋を伴った体幹−股関節のトレーニングをお伝えしていきます。

 

 

前回お伝えしたように、走る動作やボールを打つ、蹴る動きなどのスポーツ動作をそれぞれ分解していくと、各々上肢−体幹−下肢で連動した回旋運動が伴うことが必要であることがわかります。

 

前回は屈伸運動にフォーカスしたので、今回はさらに動きをプラスして回旋動作のトレーニングを行っていきます。

 

 

 

【方法】

①テーブルやベッドなどに両上肢で支持し、背中が丸くならないようにする

 

②踵までしっかり接地し、骨盤前傾位、水平面・矢状面上で股関節、膝関節を正中位として屈曲位を保持する

 

③鳩尾を中心に遠心性にコントロールしながら、支持している対側上下肢を挙上し、屈伸運動を行う

 

 

ベーシックな内容ですが、ポイントしては鳩尾を中心に回旋・屈伸を行うことです。

 

これがしっかりできないと、動作時にメカニカルストレスが局所に集中し、スポーツ障害の原因になりえます。

 

負荷量に注意しながらウォーミングアップ等でも使えるので、ぜひ試してみてください。 

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。