今回は「制限されやすい下部頚椎から上部胸椎の動きを出すトレーニング」についてお伝えしていきます。

 

 

 

頚椎疾患の多くは頭部が前方へ突出した姿勢を日常的にとっていることを皆さんも臨床で多く経験しているのではないでしょうか? 

 

頭部前方位では上部頚椎は伸展、下部頚椎から上部胸椎は屈曲をとります。

 

この頭部前方位が日常的にとられることで頚部の可動域が制限されてきます。

 

 

 

 

今回は下部頚椎から上部胸椎の可動性をだすトレーニングを紹介します。

 

 

 

 

【方法】 

 

①    四つ這いをとる

 

②    肩甲帯にチューブをかけ、手の平で押さえる

 

③    軽く顎を引き頭を上方へ持ち上げる

 

 

 

 

 

※上部頚椎の伸展の代償が入らないように顔は上げない

 

※頭を引いたときに頚部周囲に痛みやつまり感がでる場合は頚部周囲の筋の滑走不全が考 

 

  えられるため、滑走不全を改善させてから行う

 

 

 

 

 

下部頚椎から上部胸椎は制限されやすい部位になりますのでしっかりと動きをだすことで不良姿勢の改善にも効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。