今回は左右、斜め方向への切り返しについてお話ししていきたいと思います。

 

一般的に切り返しの際には、慣性の法則に従い、身体中心から離れていく方向へ力が加わるため、それを制御する筋活動が必要となります。

 

股関節でいう所の内転−外転、内旋−外旋といった前額面、水平面上で安定することが求められます。

 

 

例えば、

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)を既往にもつ選手などは、股関節外転外旋など外に開いていく際の柔軟性低下に加え、前回お話しした腸腰筋や内転筋の筋出力の低下が認められます。

 

そのため、切り返しの際に支持脚となる側では、支持側に骨盤を過剰に変位させ、股関節を内転、内旋させることで支持脚の安定を図ろうとします。

 

そうすることで、前々回お話した、中臀筋−大腿筋膜張筋にもたれ掛かる姿勢制御や下腿部では長腓骨筋−ヒラメ筋に依存し、足部は過回内位を呈すことが多く見られます。

 

また、外側支持が強調された姿勢制御では、対側への切り返す際に、骨盤や脊柱での軸回旋が困難となり、その代償として縫工筋大腿直筋内側広筋を過剰に働かせ、膝関節を中心に回旋運動を行ってしまいます。

 

膝関節の回旋可動域は、股関節の回旋や足部の回旋に比べて小さく、切り返しという大きな力が繰り返し加わることで、膝周囲の問題にも起因することが考えられます。

 

 

評価としては、RIOSでは「サイドランジ」を用いています。

 

切り返しの一歩目の支持脚において股関節−膝関節−足部が一直線上にあり、内外側からの抵抗による重もみをチェックしていきます。

 

縫工筋や大腿直筋、内側広筋で代償する際にはKnee inする動作がみられ、膝関節から大腿遠位部での抵抗感を感じます。

 

また、外側支持に頼ったまま下腿、足部の代償に依存する際には、膝関節から下腿近位部での抵抗を感じ取れます。

 
動作の安定性をみるとともに抵抗感を感じ取り、どこに依存した姿勢制御となっているのかをみることが必要です。

どこかに依存した制御となっていれば必ず不安定性を呈するため、サイドランジの動作においてどこに支持脚を置くのかどの程度荷重した際に不安定になるのか選手の試合での動きに合わせて評価することが重要です。

 

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。