前回、前々回と、ランジ動作での支持脚の問題と、

それに対するトレーニングについてお話しさせて頂きました。

 

今回は、ランジ動作の際にステップした側の下肢での安定性についてお話しさせて頂きます。

 
 

以前、ステップした側の評価として、

①骨盤や体幹の捻じれ、swayがないかどうか

ステップ側にもたれかかるようになっていないかどうか

ステップした脚でKnee in or Knee outしていないかどうか

をみることをお話しさせて頂きました。

 
 

では、これらの動作での評価と可動域、筋出力を見ていく中で出てくる問題となる部分に

ついて考えていきたいと思います。

 
 

①骨盤や体幹の捻じれについて

 
前方ランジでは、ステップする際に第一に股関節が屈曲する動きが必要なことは容易
想像できるかと思います。特にランジ幅を広げると股関節の屈曲可動域がさらに必要になり、
ここが上手くいかない場合に骨盤や体幹の捻じれが生じやすい印象があります。
 
 

硬くなりやすい部位として、

中臀筋−大腿筋膜張筋、縫工筋−内転筋間の滑走不全が臨床では多くみられます。どちらも骨盤を起始としており、筋間の動きが阻害されることで股関節の屈曲可動域が制限
され、ステップ側の腸骨が左回旋し股関節の屈曲を代償し、逆に体幹は右回旋しバランスを
保持する反応がみられます。
 

逆に、後面のハムストリングや大殿筋の伸張性が不足することで腸骨が後傾し、外側に引か

れることで捻じれが生じる場合もあるため、可動域と筋出力の確認が必要です。

 
 

②前のめりになりステップ側へのもたれかかりについて

 
 ステップ後に前のめりになってしまう際には、前方への推進力に対してブレーキをかけることを苦手としている場合が多く見られます。具体的には、後ろ脚で前足部荷重となる際に、ウィンドラス機構を効かせた足関節の底屈が行えず、足趾の屈曲にて前足部支持を保っている場合にブレーキを効かせることが困難となり、ステップ側へ過剰に重心移動してしまう場面が多く見られます。
 
 

後ろ脚(対側)の硬くなりやすい部位としては、

上記のように足底腱膜、長母趾屈筋、長趾屈筋、短指屈筋、小指外転筋
などの硬さが生じやすい印象を受けます。特に足底腱膜は、解剖学的に足趾・足関節の底屈筋
との関連が強くみられます。伸張性、滑走性が十分でないことで足趾や後脛骨筋などの屈筋群
にも影響を及ぼしやすく、足趾の屈伸、足関節の底背屈の可動域とともに、筋出力の確認が
必要です。
 
 

③ステップ側のKnee in or Knee outについて

 
①の場面において、ステップ側の腸骨が左回旋、また外側swayすることにより、大腿骨の
外旋が強調され、そのカウンターをとるために膝の内反や外反がみられることが多くあります。また、同様に足部−下腿の内外旋の影響も大きく関与するため、可動域の確認と筋出力の確認
が必要です。
 
 

硬くなりやすい部位としては、①の部位の他に

腓腹筋内側頭−外側頭間、後脛骨筋、長短腓骨筋などが挙げられます。

もちろん骨盤、股関節などからの下行性の運動連鎖だけではなく、足部の問題からの上行性の

運動連鎖の影響も受けるため、徒手的なアライメントを修正する介入や評価も必要です。

 

 

硬いからほぐす、筋力低下があるからトレーニングするといっただけではなく、

 

動作、可動域、筋出力の関連を評価した上で治療部位の選択やトレーニングを

行っていくことをRIOSでは非常に大事にしています。

 
 

今回挙げたものは一例として、様々な考え方があるかと思うので、評価の工夫をしてみると

これまで見えてこなかった部分が見えてくるかと思います。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。