今回は、シンスプリントでおさえておくべき治療ポイントの触診方法とアプローチのポイントについて動画解説させていただきます。

 

シンスプリントとは、

 

脛骨過労性骨膜炎ともいわれ、スポーツなどにより、下腿の筋群(後脛骨筋・長趾屈筋・ヒラメ筋)や筋膜、骨間膜などが脛骨の骨膜を異常に刺激し、骨膜に炎症を発生させるためと考えられています。特に過回内足や扁平足を有する方に多い傾向にあります。

 

 

 

おさえておくべきそのポイントとは、

 

下腿交叉になります。

 

 

 

以前のメルマガでも触れましたが、

 

下腿交叉とは、

 

下腿内側で後脛骨筋長趾屈筋の交叉する部位を指します。

 

互いに、足関節の底屈に作用する筋ですが、後・中足部に関与する後脛骨筋足趾を中心とした前足部に作用する長趾屈筋に分かれます。

 

 

 

同じ足底屈筋であるがゆえに、足部の中でも主に働く部位や作用が異なるため、スポーツ障害でも、滑走性低下として治療ポイントになることが多い部位であります。

 

 

 

 

 

 

 

【動画解説】

 

1.後脛骨筋の触診

 

内果3横指以遠では深層に走行するため、表層から触れることはできません。

 

2.長趾屈筋の触診

 

1の後脛骨筋の走行と重なるため、同部位にて下腿交叉部位を触れることができます。

 

3.下腿交叉の確認

 

4.リリースのポイント

 

後脛骨筋をおさえ、長趾屈筋を動かすことで滑走性を出すことができると考えています。

 

 

 

 

 

足部にフォーカスした評価やアプローチは、
「足部機能改善のための評価・アプローチセミナー」

 

でもお伝えしておりますので、ご興味のある方はぜひ、お申し込みください。

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。