『サッカーにおけるボールを止める動作』

 

 

今回は、サッカーにおける足や身体でボールを止める動作についてお話ししていきたいと思います。

向かってくるボールや転がるボール、浮いたボールを足や身体を使って次の動作に向かう動きである

「トラップ」と言われる動きは、他のスポーツにはなく、サッカー特有の動きです。

 

 

手や身体、道具を使ってボールを操作する競技は多く存在するものの、多くを足でボールを操作する動きはサッカー特有であり、手よりも運動感覚が少ないため難しさを感じたことがある方もいるかと思います。

 

 

 

サッカーでは、ファーストタッチの質がプレーの成否を分けると言っても過言ではありません。

ドリブル、パス、シュートに持っていくためのボールの持ち方がとても重要で、そこが上手くいかなければ相手にボールを取られ、味方のチャンスに繋がらなくなり、ひいては勝敗を分けてしまいます。

そのためトラップの重要性は非常に高いものであり、欠かせない動作です。

 

 

 

トラップはボールの位置によって大きく2つに分けると、ゴロ球の処理などの地上でのトラップと空間での浮き球の処理などを含む空中でのトラップに分けられます。

まず今回は、地上でのトラップについて考えていきます。

 

 

 

自然の原理として、地球上では重力が存在するため、どんなに早いボールであってもその環境下で徐々にボールは減速し、地面での摩擦によりさらに減速していきます。ボールを触れる段階で、上から足部を近づけ、ボールを足部と地面との間で挟むことができればボールは止まります。

しかし、ボールの勢いによって足部を押し返す力が生まれるため、その勢いを吸収することが必要になります。

 

 

そこで必要なるのが足部の柔軟性です。特に足部の背屈、底屈の動きを含む内外反の柔軟性が必要となってきます。トラップをする際のボールの勢いを吸収、さらにはボールが足下から離れないよう逆回転が生まれるようにコントロールするために、膝から下に余計な力が入らず(軽度屈曲位)、背屈・外反の動きがスムーズに行えるかどうかが非常に重要となります。

 

 

 

また、このときに相手のプレッシャーや環境などによる緊張があることで、ボールの動きに合わせた筋緊張のコントロールやボールの質量を感じること、方向を瞬時にコントロールすることが困難となるため、緊張により身体が硬くならないよう十分にゆるんでいること(余計な力が入らない状態)が必要になります。

 

 

 

さらに、強く早いボールをコントロールするためには、基本姿勢としては膝から下のコントロールだけではなく、股関節を屈曲位から中間位(時に伸展位)へ引くことや股関節の外転、外旋位(もちろんその他の動きもありうる)を瞬時にとり、ボールの勢いを吸収できるかが重要になります。股関節の動きが必要となるということは、合わせて骨盤の前後傾、側方傾斜の動きも必要となり、その動きに合わせて体幹の屈伸、回旋の動きも必要となり、身体の一部分の動きではなく、全体の動きが必要になります。

 

 

 

トラップはボールを止める動きですが、本来の目的はドリブルやパス、シュートに持っていく事であるため、ただ止めるではなく、次の動作に瞬時に繋げられるがどうかが必要となります。

つまり、重心移動が素早く行え、ボールとの速度の差を小さくし、足部でコントロールしやすくすることが必要な動きになってきます。

 

 

 

次回、トラップの際に必要な身体の動きをもう少し詳しく紐解いていきたいと思います。